ninoくん 硫黄島からの手紙

米映画界、最大の祭典、第79回アカデミー賞の発表・授賞式が25日
午後5時(日本時間26日午前10時)ハリウッドのコダック・シアターで
行われました。

嵐の二宮和也くんも出演し、演技も評価された「硫黄島からの手紙」
(クリント・イーストウッド監督)も作品賞、監督賞など複数部門に
ノミネートされました。

事実、アメリカのYahoo!では二宮くんも、かなりいい評価をされている
ようでした。

アカデミー賞にノミネートされるくらいですから俳優として、それなりに
向こうでも好評を得ているようです。

今年のアカデミー賞は日本ではアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
監督の「バベル」に出演した菊地凛子さんが助演女優賞を受賞するか
どうかが注目されました。

助演女優賞を受賞すれば、日本人としてナンシー梅木さん以来49年ぶり
2人目となるらしいので注目されるのも当然でしょうね。

結局、助演女優賞は前評判の高かった「ドリームガールズ」助演女優賞
ジェニファー・ハドソンが選ばれ、菊地凛子さんは惜しくも逃しました。
しかし、オーラのある女優さんです。

二宮和也くんの「硫黄島からの手紙」は音響編集賞に選ばれました。
今回の経験で二宮くんも大きな自身をつけたことでしょう。

よく考えれば、クリント・イーストウッドが監督で、今やハリウッドスターの
渡辺謙さんと共演ですからね、凄いことですよ。

今回の二宮くんに限らず、演技者としての嵐のメンバーも今後は頭角を
現してきそうな気がします。