松本潤

嵐のメンバーはソロでも活躍が目立ちます。

最近のジャニーズはスマップやTOKIOなどに見られるように、個人、個人の
個性がクローズアップされますね。

嵐の松本潤くんはソロでドラマや舞台、映画に幅広く活躍しています。
2001年に「金田一少年の事件簿」でKinKi Kidsの堂本剛に続く
2代目・金田一役で連続ドラマに初主演しました。

さらに2002年には人気ドラマ「ごくせん」の生徒役での演技が
よかったですね。

あの番組がとても人気があったこともあり、彼の役者としてアピールできたし
役者としての才能が開花し認められたのかなと思います。

その後は「きみはペット」「花より男子」など多くのドラマに出演し
才能が開花した感じです。

また舞台では2005年あの名作映画の舞台化で注目を集めた「エデンの東」で
初主演もし、2006年には蜷川幸雄氏演出の「白夜の女騎士」に主演しました。

映画では2000年の「東京タワー」、2006年人気コミックを実写映画化
「僕は妹に恋をする」で初主演もしました。画像として絵になるのですね。

さらに役者だけでなく2005年の音楽バラエティー「ミンナのテレビ」で
司会もやりました。

今後のジャニーズはスマップの中井くん、みたいに司会をこなせる人もどんどん
出てくるかもしれませんね。

でも、これからのアイドルは大変だな〜

もう嵐の”松本潤”と言うより役者”松本潤”と言ってもいいでしょうね。